YMZ294をSPIで制御する

前に使ったYMZ294が, また使おうとするとあの配線をやり直す必要があった. そこで, 思い切ってSPI化することで配線の手間を減らし使いやすくしようと思い, やってみた.

変換アダプタもどき

変換アダプタ

SPI化には, シフトレジスタ(74HC595)を用いた. 理由は, 前に使ったことがあるから. そのまま8ビットバスとSPIマスタの間につなげば使える, と思ったのが, どうも書き込みの際の/WR/CSや/A0の扱いが74HC595だけでは上手くいきそうになかったので, PIC12F683で制御した. 74HC595がラッチされるのを検知して, /WR/CSをHIGH, LOWする. PIC12F683のソースコード. A0はマスタ側で直接制御する. ホントはPIC12F683で一緒に制御できれば楽だったんだけどね…

回路図

裏面の写真

演奏してみた

割とMIDIでYMZ294を制御している方は多い. 中には私と同じようにピン数圧縮してる方もいらっしゃいた (YMZ294のMIDI音源化と, YMZのピン数圧縮 | curious4dev). 似たようなこと考える人ってやっぱいる.

ま, ピアノできないんでネットで拾ってきたMIDI譜面を流し込むだけなね.

Arduinoと接続

マスタはArduinoを使う. 理由はゴニョゴニョ… (いつかはPIC18F14K50でMIDIを制御したい今日この頃. )
ソースコード. ネットのサンプルコードを組み合わせて適当に作ったので参考にもならないと思う. (てか書いたの数か月前だから全然覚えていない…)

MIDIの再生はDominoで, MIDIデータの送信は, 本当はMocoを使いたかったけれど, どうも前に色々あってArduino UNOのパターンをはがしてしまったようでDFUで認識できず. かわりにThe Hairless MIDI<->Serial Bridgeを使う. 先人に感謝 ! こちらはシリアル通信でMIDIが使えるため, 互換機でも使える.

で, 以下が演奏してみたもの. 譜面はかきむき様のものを使わせていただいてる.

千本桜.mp3

Bad_Apple!!.mp3

Dropbox - Tell_Your_world.mp3

前前前世.mp3

3音でこれだけ鳴ればいい方では?(ポジティブ
動画にしてYouTubeにあげようと思ってたのが, 思ってるだけで3ヶ月経ったので, Dropboxでお茶を濁す.