ESP-WROOM-02でのハードの制御の練習に, 二進数時計を作ってみた.

前に作成した マトリクスLEDのボードは シフトレジスタに74HC595を使っているため, Arduino IDEのSPI.hで簡単に制御することができる. それと, Wi-Fiによって時間をNTPより取得し, 時間をそのままマトリクスLEDに直接表示させてば二進数時計の完成.

ソースコード

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <time.h>
#include <SPI.h>

#define JST   3600*9
#define SS  5
#define MSEC2CLOCK(ms)  (ms * 80000L)

const char* wifi_ssid = "your_ssid";
const char* wifi_pwd = "your_password";

time_t t;
struct tm *tm;

uint8_t matrix[8];
uint8_t mat_addr = 0;

// Timer0の割り込み
void timer0_ISR (void) {
  // Timer0を再設定
  timer0_write(ESP.getCycleCount() + MSEC2CLOCK(3));

  // 配列matrixを1行だけ出力
  digitalWrite(SS, LOW);
  SPI.transfer(matrix[mat_addr]);
  SPI.transfer(1 << (7 - mat_addr));
  digitalWrite(SS, HIGH);

  // 次の行へ
  if (mat_addr < 7) mat_addr++;
  else mat_addr = 0;
}

// 時間情報の更新
void time_update() {
  t = time(NULL);
  tm = localtime(&t);

  matrix[0] = ((tm->tm_year+1900) & 0xff00) >> 8;
  matrix[1] = (tm->tm_year+1900) & 0xff;
  matrix[2] = tm->tm_mon+1;
  matrix[3] = tm->tm_mday;
  matrix[5] = tm->tm_hour;
  matrix[6] = tm->tm_min;
  matrix[7] = tm->tm_sec;
}

void setup() {
  // Wi-Fi接続
  WiFi.begin(wifi_ssid, wifi_pwd);
  while(WiFi.status() != WL_CONNECTED)delay(500);

  // NTP接続先の設定
  configTime( JST, 0, "ntp.jst.mfeed.ad.jp", "ntp.nict.jp");

  // マトリクスLED設定
  SPI.begin();
  pinMode(SS, OUTPUT);
  digitalWrite(SS, HIGH);
  noInterrupts();
  timer0_isr_init();
  timer0_attachInterrupt(timer0_ISR);
  timer0_write(ESP.getCycleCount() + MSEC2CLOCK(3));
  interrupts();
}

void loop() {
  //1秒に1回, 時間情報の更新
  time_update();
  delay(1000);
}

ESP8266によるNTPの設定は想像以上に簡単. こちらのサイトを参考にした. マトリクスLEDはtimer0を使って3msごとに1行ずつ表示する. 前にPIC16F84Aで扱ったときの方法と同じ. timer0についてはこちらを参考にした.

年は2020で8bitでは表示しきれないので, 2行に分けて16bitで表示した.

動いているところ

で, 動いている様子はこんな感じ.

どうも, たまに静止する. 割り込み処理が上手くいってないかもしれない. timer0に関して, アセンブリ方面から攻める必要がありそう.