去年の夏に諸事情でPICマイコンを触る機会があって,
PICマイコン面白いな, と興味を持ち,
本格的にPICを勉強したいなと思った.

なのでPICを始めるべく色々揃えた.

マイコンボードを作る

いちいちブレッドボードで回路を組むのは嫌いなので,
例の如くまたマイコンボードを作った.

PIC16F84A本体

PIC16F84A

有名なPICマイコンである, 16F84Aを選んた.

PICマイコン PIC16F84A-20I/P: マイコン関連 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

PICはDIPの選択肢がいっぱいあっていい.
メモリ増量版である16F88もあるが,
まずは16F84Aから勉強していきたいと思う.

PICkit3

PICマイコンを書き込むには特別な書き込み機が必要.
知識があれば自分でも作れるそうだが,
初心者の私には難しいので純正ライタ「PICkit3」を買った.

マイクロチップ PICkit3: マイコン関連 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

約6,000円. この値段で知識と安心を得られるのなら安い, はず.

マイコンボード

PIC16F84Aマイコンボード

去年の3月に発売されたちっちゃいユニバーサル基板にまとめてみた.

小型ユニバーサル基板 45×45mm: パーツ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

左のピンヘッダはPICkit3との接続用.

左下のマイクロBメスUSBのコネクタは給電(5V)用.
作った後で知ったのが, こっちの方が安い.

右下のLEDは左からRB0, RB1, RB2につながっている. 動作確認用.
USBコネクタの左のLEDは電源確認用.

上のセラミック発振子は4MHZにした.

裏面

1度配線を間違えたせいでヤニだらけ.
今度からちゃんと確認しよ…

回路図

PICkit3はCN1のピン1を三角形と合うように接続する.

PICkit3との接続